ふるまいの時代のセカンドハウス

武漢で原因不明の肺炎が蔓延し始めたころ、ひとつの依頼が舞い込んできました。
秩父にある祖父の家があそんでいるため、すでに所有している戸建て住宅とは別に、セカンドハウスとして建替えたいというもので、以下のような要望がありました。
・趣味性に特化した住居としたい
・地域の人との接点となるような場所を作りたい
・大学の友人やSNSなどで知り合った人たちとリアルで集まる場所にしたい
・将来的にペット可の民泊などに使えることを視野に入れたい
・自らの終の棲家としたい
・可能な限りローコストでつくりたい
何度か話を聞いているうちに社会的にコロナが蔓延し、依頼者夫婦もリモートワークするようになりました。セカンドハウスには仕事場としての側面も増え、アフターコロナの社会の中で、如何に働き、集まり、生きていくのかということをテーマとしてセカンドハウスを計画することになりました。ローコストに抑えながら身体的スケールに呼応させることを意図し、1820mmモジュールとしました。断面的にも1820mmで積み重ね、大きめのジャングルジムのような構造としています。吹き抜けとした箇所にも構造を通すことで、家全体が屋根裏の小屋組みの中にあるような空間となっています。そこでは、2階からの光がこのジャングルジムを通して影を落とし、風が通り抜け、柱がひとのよりどころとなります。ローコストで作るため、最初からすべてを作り込むのではなく、まず初めに骨格を作り、徐々にDIYで好きに作り足してゆく、緩い建築です。住まいながら作り、作りながら住まいます。パブリックに集まりにくいアフターコロナの社会の中で、自らの生活の拠点とは少し違うハーフパブリックなスペースを所有することで、近しい人たちと集まる場所を持つことができます。ここは共感をベースにつながるSNSなどで知り合った人や地域の知人へも緩やかにシェアすることができる場所となることを目指しました。

2019.12~2020.05
計画敷地:埼玉県秩父市
主要用途:個人住宅
家族構成:夫婦2人+犬2匹
敷地面積:193 ㎡
建築面積:57 ㎡
延床面積:88 ㎡
構造  :木造
高さ  :5.91m
階数  :地上2階
設計  :渡邉圭+山梨綾菜
     flat class architects
スケッチ:Kei Watanabe

Facebook